【夏の車中泊】車内で料理を作るのに便利な調理器具🍽2019年7月

スポンサーリンク

暑くなってきましたねー

って、もう秋だよオイ( ;∀;)

動画編集が追いついてなくて申し訳ありませんm_ _m

今後は出先でも編集&アップロードが出来るようにと先を急いでおります。

今しばらくお待ちくださいませ!

ということで、夏の車中泊で問題になるのが睡眠と車内での調理ですよね?

睡眠に関しては、以前の動画にもUpしました。

そして火を使わない調理ということで、カットするだけの料理もご紹介しました↑

でもカットだけの料理って食材も限られてくるから飽きちゃいますよね(工夫次第かもしれませんが^^;)

そこで!

ちゃんと調理しつつも暑くならないものはないかなーっと探していたら遂にこれだ!というものを見つけたので、早速車内で調理してみることにしました♪

さて、本当に車内は暑くならなかったのでしょうか?

車内が暑くならない調理器具

調理器具で周りが暑くならないものがあるのか?

あるんです!

それはシャープのホットクック

人気の商品だし、一人暮らしの方や小さな子お子さんの居られる家庭では使ってらっしゃる方も多いのではないかと思います。

私もこちらのホットクックには大変お世話になっていまして、今ではホットクックのない生活は考えられないほどです^^;

このホットクックが600wということで、じゃあ試しに車で使ってみよう!となりました。

一つ問題があるとすればネットに繋ぐことができないということでしょうか?

ホットクックのいいところはネットに繋げることでレシピをダウンロード、ポチッとすれば調理がスタートしてしまうところです。

でもこのネットというのが家のwi-fiしか使えないらしく、スマホのテザリングではダメでした。

まあメーカーも外で使う想定はしてなかったでしょうね^^;

ただ手動でも作れるので、大きな問題にはなりません。

今回はパスタを作ることにしたので、「煮物」をチョイス。

レシピにまぜ板を使うと書いてあったのでまぜ板を選択、調理時間はレシピの20分に設定してスイッチオン!

待つこと20分で、めっちゃ美味しい絶品パスタが完成しました╰(*´︶`*)╯♡

もしもパスタがまだ固い、といった場合は1分単位で延長ができますよ^^

固めに作っておいて、後からお好みで延長するというのもアリだと思います。

そしてホットクックの凄いところは、レストラン並みの味の料理を作ってくれるところなんですよね。

なので、下手に自分で作るよりよっぽど美味しい料理ができちゃうんです♪

火加減を見なくても済む上に時短にもなって、車内も暑くならない!

これは一石三鳥とでもいうべき調理器具ではないでしょうか?

問題があるとすれば、600wの電力を賄えるだけの電源が必要ということです。

私の車は中古で買った時からインバーターとサブバッテリーがついていたので、簡単に導入できました。

今は大容量のポータブルバッテリーもたくさん出回っていますが、まだまだ高く手でが出ません(T . T)

一般市民が手軽に買えるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。

でももし車を買い替えることになった時は、絶対にインバーターとサブバッテリー+ソーラーパネルをつけます。

それくらい便利だからです(FFヒーターも超便利でポータブルバッテリーでは使えない)

そして高いお金を出せるのであればサブバッテリー(ディープサイクルバッテリー)はリチウムイオンバッテリーにします。

この方が重量が軽い上に長持ちするからです。

今の段階では何十万〜100万以上するものまであるので、当面ディープサイクルバッテリーのお世話になることになりそうです( ;∀;)

でも今のところこれで全然困ってないんですよね。

必要十分といったところです。

暑くなるけどガスよりは暑くない調理器具

だいたいどんな料理でもホットクックでできちゃうんですが、やっぱり焼いたり炒めたり、というのは火を使った方が美味しそうですよね(焦げ目とか付けたいし)

そこで導入したのがIHクッキングヒーター(火じゃないけど^^;)

車を買った7年前にソーラーパネルを取り付けたので、オール電化にしようと思ってIHを導入したのですが、使えませんでした。

どうやら私のインバーターではIHクッキングヒーターを使えるだけの容量がないようなのです。

ずっと諦めていたのですが、最近になってワット数の低いIHクックキングヒーターも出回るようになってきました。

そこで試しに購入してみたのです。

実際に家で使ってみたところ、1200wや1000wに比べると火力は弱く、お湯を沸かす場合などめちゃくちゃ時間がかかるのですが、炒め物くらいであればそんなに気にならないレベルだと判明。

これなら車内でも使えそうです。

ということで、パスタは味がついているためむぎは食べれないので、むぎ用に鶏肉を購入。

こちらを車内で焼いてみることにしました。

すると、やはりというか、車内は暑くなってきました^^;

カセットガスで作るよりははるかに暑くない。

でも真夏だととてもじゃないけど暑くて、正直いって車内で作るのは無理っぽいです(むぎがいますし)

でも火を使わないというのは安心感がありますし、これから使うにはちょうどいいのかな?と思いました。

そんな訳で、暑い時期にIHクッキングヒーターは使えないけど、この時期以外なら使える、といった判断になりました。

それでも真夏に車内でIHクッキングヒーターを使ってる方もいらっしゃいますし、体感はやはり個人差があるようです。

興味のある方は自宅の駐車場で一度試してみてはいかがでしょうか?

結論

今回車内でホットクックを使ってみて、本当に便利に使えると思いました。

調理の間にお散歩や温泉に浸かるなどすれば時短にもなりますからね!

暑い車内に置いて大丈夫か?という心配もあるかもしれませんが、熱さに耐えられるように作られてる調理器具ですから、車内の5、60度くらいどうってことないでしょう。

それにめっちゃ考えられて作られてますよ、ホットクック。

使い方を間違って壊しかけたけど壊れませんでした(^◇^;)

分解してみて分かりましたが、良くできてます。

IHクッキングヒーターの熱さは個人差があると思うので、実際に使ってみて判断されて下さい。

でも年中使えるので、これは買って間違いありません。

ただ、夏に料理を作るならキャンプ場などの外で作るのがいいのかな、と思います。

やっぱり車内自体が暑いですからね^^;

今回の詳しい内容の動画はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です