むぎの生い立ちと一緒に暮らすようになった経緯

スポンサーリンク

最近、むぎについて色々な質問をいただくようになりました^^

今回はそんな質問にまとめてお答えしすべく、むぎが我が家にやって来た経緯からお話したいと思います。

長いです(笑)

お時間のない方は目次を見て気になるところだけ読んでください♪

愛護団体との出会い

私は子供の頃からずっと犬も猫も飼っていました。

犬の犬種はトイプードルで、小学校4年生の時より飼っていたトイプーの血を受け継いだ犬が数年前まで実家にいました。

家を出てからも飼いたいという思いはあったものの、ペットを飼うという事は好きな遊びや旅行を我慢しなくてはいけなくなると思っていたので、諦めていました。

そんなある日、たまたまニュースで見た大阪北部にある愛護団体の存在に衝撃を受けます。

衝撃というのは、その愛護団体を運営していたのはイギリス人女性だったからです。

なぜ日本なのに外国人が運営してるの?

よく分かりませんが、正義感というか、日本の抱える問題を外国人に任せていてはいけない!なんとかせねば、と思ったみたいで、翌日にはその愛護団体を訪れていました(笑)

愛護団体で見た動物たちの現状

愛護団体の存在は知ってはいましたが、内情はよくわかっていませんでした。伺ってみると愛護団体の殆どが寄付やボランティアスタッフで賄われており、餌代や治療費などを捻出するのに毎月大変な思いをされていることを知ります。

お金はないけど、何か私にできる事はないか?

ちょうど、犬の散歩やゲージの掃除をするボランティアを募集していたので、スタッフとして毎週末、掃除や散歩をしに通っていました。

そんなある日、疑問が湧きます。

犬の散歩や掃除なんて私がしなくても誰にでもできる。何かもっとこの子達の役に立てる方法はないだろうか?

保護されている動物たちは9割以上が雑種です。

子犬であれば貰い手も多いのですが、成犬となるとグッと減ります。

稀に皮膚がただれたトイプードルなどが保護されることもあるのですが、そんな状態であっても直ぐに里親は見つかるのに、雑種の成犬たちはなかなか里親が見つかりません。

中にはずっと吠えていたり、噛み付く凶暴な子もいました。こんな子達は残念ながら難しいでしょう。

そこで思ったのが、しつけの必要性でした。

この子達が吠えたり噛み付いたりしなければ、もっと里親になってくれる人が増えるのではないか。

思い立ったら即行動の私はボランティアを辞めて、犬のトレーニングを学びに行きます(笑)

それから半年後、通っていた愛護団体を訪れたら同じようにしつけの必要性を感じて導入したのか、プロのトレーナーさん達がいらっしゃいました。

プロのトレーナーさんにはお金を払っているようだったので、私は無償だから喜んでもらえると思ったのですが、大人の事情があるようで断られてしまいました。

私はこの子達が1匹でも多く、里親の元で幸せに暮らせることだけを願って半年間、トレーニングを学んで来たので、とても残念に思ったことを覚えています。

ひょんなことからむぎを迎えることに

せっかく学んだトレーニングも無駄に終わってしまいました。

実際のトレーニングでトレーナーさんの犬に触れるうちに、私も飼いたくなってしまったのは言うまでもありません(笑)

飼うなら里親になると決めていました。

当時住んでいた家はペット禁止のマンションだったので、大型犬でも何匹でも飼える家に引っ越してから迎え入れることにしました。

私がボランティアで通っていた愛護団体は一人暮らしでは里親になれなかったので、一人暮らしでも里親になれる愛護団体を探してそちらで里親になりました(その愛護団体は今はもうありません)

そこに居たのがむぎです。

むぎが野良生活していた場所

むぎは大阪と奈良の県境にある生駒山で集団で野良生活をしていました。

その山の持ち主は自分の犬を放し飼いにしていて、いつでも餌が食べられるようにと大量のドッグフードを常においていたようで、そこに周辺の野良犬達が集まったようです。

山の持ち主が自分の飼い犬以外の犬がいるから捕まえに来て欲しい、と愛護団体に連絡を入れたことで、むぎは保護されることになりました。

ちなみにむぎは山の持ち主の捕まえて欲しい犬ではなかったそうですが、この子もうちの子じゃないから、という事で保護されたそうです。

それから2,3ヶ月経ったある日、私がむぎの里親になった、という訳です。

本当のことを言うと男の子ではなく女の子が希望でしたが、その時は男の子しかいませんでした^^;(ごめん、むぎ)

むぎの健康

むぎは保護された時に獣医さんに歯を見て推定1歳くらいという事で、121日生まれの誕生日がつけられていました。

そして健康診断でフィラリア症にかかっていることも判明。

フィラリアの治療も一緒にすることで里親となったのです。

フィラリアの方は、色々な治療がある中で、当時のかかりつけ獣医さんに「まだ若いからフィラリアは成虫の寿命を待ちましょう、卵は孵化しないようしっかり薬を飲ませて行きましょう」と言われ、フィラリアの卵が孵らないよう予防薬を飲ませることで完治させました。

フィラリアの成虫の寿命は4年から6年と言われていますが、2年後には陰性となり、晴れて健康体を取り戻したむぎです。

目の横の傷は里親になる前からありました。

よく見ると歯型のようなものが付いているので、恐らく何者かに噛まれたんだと思います。

もう少しズレていれば失明の恐れもあったので、傷だけで済んで良かったと思いました。

今ではトレードマークになっています。

むぎの犬種について

恐らく柴犬の血も入っていると思うのですが、実際は何犬の血が入っているのか分かりません。

よくハスキー犬が入っていそうと言われますが、ハスキーが入っていたらもっと大きくなると思うので、多分入ってないと思います。

私も何犬の血が入っているのかずっと知りたいと思っていました。

最近になってDNA検査で詳しい犬種の特定が出来ると知ったので、いつか検査をして見たいとは思っています。

DNA犬種鑑定

が、なかなかいいお値段がするのでそれは叶わないかもしれません^^;

ある日、宮島の山を登っていた時に、外国人の女の子が「あの子は何犬?」とお父さんに聞いた時、「あの子はオリジナルドッグだよ」と答えていました。

雑種に偏見はありませんが、どことなく差別を感じてしまうところもあり、オリジナルドッグの響きに凄く感銘を受けたのを覚えています。

むぎの名前の由来

むぎは保護された愛護団体で毛の色が麦の色に似てることから「むぎ」と名付けられたそうです。

だいたい里親になったら名前を変える方が多いのですが、私も「元気」や「太陽」といった元気で明るい名前が付けたいと思いました。

ただ、むぎと呼ばれて数ヶ月暮らしていたので、むぎ本人の意思も尊重しようと思って本人に聞いて見たところ、むぎがいいと言うのでそのままの名前にしました。

どのように確認したのかと言うと、一枚一枚の紙に「むぎ」「元気」「太陽」「その他」と書いて、むぎにどれが良いか選んでもらいました。

するとむぎは「むぎ」を選んだと言う訳です。

紙で選んでもらったのはこの一回限りですが、例えば「散歩」と「ご飯」どっちが先がいい?みたいな感じで片手づつ差し出してお手の形で選んでもらうことで意思を確認することもできます。

はじめの頃はそんな事もしてましたが、目を見ればわかるので今はやってません(笑)

むぎとアウトドア生活

そんな訳で遊びも旅行も諦めるつもりで腹をくくって迎え入れたむぎでしたが、トレーニングをしていくうちに何処へでも連れて行けそうなことが判明。

ならばと、むぎと一緒に遊べるアウトドアを楽しんでみようと始めたのが山登りや川下り、洞窟探検などでした。

どれも私が本格的にやり始めてしまったせいでむぎは参加できない事も多くなってしまいましたが、それでも一緒に遊べる時は一緒に遊ぶように心がけています。

というのもむぎはお出かけもアウトドアも大好きだから。

しばらく出かけてないと、散歩で車の前を通ったら遊びに連れてって!と言って車に乗りたがります。

病院通いが続くと車に乗るのを拒否るので、とっても分かりやすいむぎ。

嫌いな川遊びが続いた後に車に乗りたがるか確認、今では大切なバロメーターとなっています(笑)

最後に

以上がむぎと一緒に暮らすようになった経緯です。

まだまだたくさんエピソードはありますが、長くなりそうなので今回はこの辺で^^;

むぎと暮らし始めて約12年。

犬と言うよりは良き相棒、良き仲間、良き人生のパートナーとしてともに歩んできました。

そして様々な経験をつんできました。

むぎはきっと来世は人間に生まれ変わる予定で、色々な経験を積むために我が家へやって来たのではないか、と思っています。

あと何年、こうして一緒に楽しめるかわかりませんが、可能な限りこれからも一緒に人生を楽しみたいと思います^^

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • いつも楽しくYouTube拝見させていただいております。
    むぎさんの犬種についてですがYouTubeで「アニュー魚に気づく」にでてくる水につかっている方の犬が、どうも顔以外はむぎさんそっくりだなと思って見ていました。むぎさんの顔は柴犬に似ていますね。動画に出てくるわんこもミックスかもしれませんので答えになっていませんがお暇なときにでもご覧になってください。

    • かもめドライブさん、いつも動画を見てくださってありがとうございます^^

      「アニュー魚に気づく」見させていただきました♪

      あの子は純血の狼犬のようですねU^ェ^U

      狼犬に似てるなんて、めっちゃカッコいい( ^ω^ )

      むぎにも伝えておきますね^_−☆

  • こんばんは。(^o^)/
    You Tube の流れで、むぎちゃんとの出会いに興味があってブログを拝見させていただきました。
    読み終えて、『 なるほど。 』 と思った次第ですが、やはり、人だけでなく動物にも救いの手を差し伸べるのは必要な事だと思いました。

    さすがに、と言うか、残念な事に私にはボランティアをするだけの心の余裕がないのですが、それでも少しだけ役に立たせていただいております。

    と言うのは、今現在私も犬を飼っておりまして、我が家では2代目なんですが、初代と共にどちらも譲ってもらったものです。

    考えようによっては、私がもらわなければどうなっていたかわからない、とすれば少しは役に立っているのではないかと思う次第です。 (^^;)

    ここに画像は載せられないようなので、私のブログのURLを貼り付けておきます。
    初代と2代目の犬小屋製作の記事で、3話完結となります。
    良かったら見て下さいませ。 m(_ _)m

    ちなみに、初代の犬は今でも忘れられませんで、ブログのURLを貼り付ける為にページを開いたのですが、ついつい読んでしまい、当時を思い出して涙してしまいました。 (ToT)

    そんな事でプロフィール画像はず~っとその犬小屋にしています。
    では、また! (^o^)/

    https://ameblo.jp/fjink/entry-12062764895.html
    https://ameblo.jp/fjink/entry-12064614461.html
    https://ameblo.jp/fjink/entry-12064884360.html

    • ジンさん、youtubeからブログに興味を持っていただき、コメントまでありがとうございます^^
      ジンさんも里親になられて、今は2代目チョコちゃんと一緒に楽しく暮らしていらっしゃるのですねU^ェ^U
      リンちゃんの記事は私も読んで涙しました(T-T)
      リンちゃんの犬生は短かったかも知れませんが、ジンさん家族と一緒に暮らせた5年間はリンちゃんにとってかけがえのない時間だったことでしょう。
      ペットショップで買うのは簡単ですが、里親になる決心はそう簡単には出来ないと思いますから、ジンさんのされたことは素晴らしいことだと思いますよ!
      これからもチョコちゃんと過ごす時間が豊かに楽しく暮らせますようにお祈りしています☆

  • 初めてコメントいたします。今年に入って車中泊動画を見るようになり、Naoさんとむぎくんの動画もいつも楽しく拝見しています。
    実家で、むぎくんと同じく山の中を放浪しているところ保護された子を迎えていまして、勝手ながら、むぎくんを見ているとうちの子を見ているようで可愛くて仕方ありません!笑
    ドライブや初めての場所へ行くのが大好きな子なので、動画のむぎくんの様子はとても参考になります。
    これからもむぎくんとNaoさんが楽しく笑顔でお過ごしになれますように。今後の動画も楽しみにしております(*^^*)

    • たけのこさん、初コメント&いつも動画を見て頂いてありがとうございます(*´∀`*)
      むぎと同じような保護犬を迎え入れられてるのですね^^
      ドライブや初めての場所へ行くのが好きな子とのこと。
      むぎによく似てますねU^ェ^U
      この動画がたけのこさんのわんことのお出かけの参考になれば幸いです♪
      失敗やら間違ってることも多々ありますが^^;
      そこは反面教師として生かしていただけたらと思います^^
      今後ともどうぞよろしくお願いしますね╰(*´︶`*)╯♡

  • Naoさん、(ですよね?)
    詳しい情報、ありがとうございました。そうなんですねー。だから、シャワークライミングとかでも、プロのように、ぐんぐん、山や崖を登っていけるんですね。(慣れてる感じがします)どうして、山に一人でいたのか、不思議ですよね。でも、ペット以上のパートナーのような存在で、羨ましい限りです。
    むぎちゃんは、Naoさんが、お仕事されているときは、お家で一人でいるんですか?最近のワンちゃんは15−17年くらい、長生きするって聞いています。これからも、元気で一緒に人生をエンジョイできるといいですね。動画、いつも、楽しみにしています。

    • ロバーソン淳子さん、いつもYouTubeでもコメント下さりありがとうございます(^^)Naoでもむぎママでもどちらでもお好きな呼び方で呼んでください♪
      むぎは山で1人ではなく集団で野良生活を送っていたようですよ?だから他犬への接し方がうまいのかも知れません。最初から人懐っこい性格だったようなので、誰かに飼われてて山に捨てられたのではないかと推測しています。
      私が出かけてる間は24時間365日いつでも庭に出れるようにしてあるので、自由気ままに過ごしていると思いますU^ェ^U
      むぎには最低でも20歳まで、出来れば25歳でも30歳でも長く行きて欲しいですね✨
      可能な限り、これからもむぎといろんなことにチャレンジし続けたいと思っています!
      どうぞよろしくお願いしますね(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です